2016.10.25

首位ユベントス撃破に沸くミランで、
本田圭佑には中国移籍説も浮上

  • ステーファノ・メレガリ(『Forza Milan!』編集長)●文 text by Stefano Melegari  利根川 晶子●翻訳 translation by Tonegawa Akiko

 それにしても本田はいつまでベンチでの忍耐を強いられるのだろうか。今シーズンのここまで、本田がプレーした時間は合計してもたったの19分だ。本田とミランの契約は来年の6月に切れる。もしこの状況が今後も続いた場合、本田はそれでも満期までミランに在籍するのか、それとも1月に出て行くつもりなのだろうか? 

 先週には中国の上海上港が本田獲得に向けて動き出しているという噂が流れた。現在このチームは中国スーパーリーグの4位につけており、監督は過去に多くのイタリアのチームを率いた経験があるスウェーデン人のスヴェン・ゴラン・エリクソンである。

 それでも、とにかくミラネッロからは変わらぬ便りが届いてくる。本田は相変わらず落ち着いていて、いつも通り練習場に最も早く来る選手のひとりであり レギュラー選手たちと同じ熱心さで練習をしていると――。来週のこのコラムではぜひ本田についてのいいニュースをお知らせできたらと思う。

 とにかく今回は勝利の喜びをもって、コラムを結びたい。久々にこう強く叫ぼう。Forza Milan!!!!

■海外サッカー 記事一覧>>

関連記事