2016.10.23

原口元気vs大迫勇也。ブンデスで絶好調の
2人が激突して感じたこと

  • 山口裕平●文  text by Yamaguchi Yuhei photo by Gettty Images

「正直、悔しさが続いていますけどね。でもあきらめたら終わりなので、何とかゴールに向かっていきたいなと思います。個人的に点を取りたいですし、早く今シーズン初ゴールを決めたい」

 パル・ダルダイ監督からの信頼は厚く、原口のプレーを評価しているからこそ先発に起用され、試合終了までピッチに残っている。だがゴール、アシストという結果を出し、スコアシートに"Haraguchi"という名前が記されることには大きな意味がある。原口がいいプレーをしてチームに貢献したという記憶は簡単に消えるが、結果を残してチームに貢献したという記録は消えないからだ。

 ドイツ杯2回戦を挟み、次節は好調ホッフェンハイムとのアウェーゲームと、ヘルタにとっては難しい試合が続く。原口としては結果に絡むためにいいプレーを続けていくしかない。

 一方、今季初黒星を喫したケルンの大迫にとっては、個人としても悔しい試合になってしまった。この試合を前にクラブとの契約を更新した大迫は、晴れやかな気持ちで臨むことができるはずだった。