2016.10.19

ついに香川真司CLフル出場も、
任されるのは「不得意なポジション」

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

「特別何かに浸るわけではないです。ただ、こうやってケガ人も出ている中で、やはり求められるものは結果。自分自身もそれ(ゴール)を求めていたので残念ですけど、やり続けていくしかないです。最後の局面でどうやってシュートに持ち込むかという意味では、あらためて課題も生まれた。それをまた修正して、本当に地道にやっていくしかない」

 香川に現在与えられているのはインサイドハーフと呼ばれるポジション。マリオ・ゲッツェが左に入り、右の香川とコンビを組む。ボランチのユリアン・ヴァイグルの前、CFのオーバメヤンの後ろに位置で、両サイドや前線にパスを供給しながら、自分もゴール前に飛び込むことが求められる。

 それに加えてトゥヘルからの指示は「ボランチから離れずにボールを受けろ」と、全体のバランスを崩すことなく攻撃を組み立てることを求められているのだという。香川にとって現在のこのポジションには2つの難しさがある。

「右のインサイドハーフは右利きの僕としては難しい。あとはずっとボランチの横で受けろと言われているので、ゲッツェとも『難しい』と話をしている。だからこそお互いにフォローし合って、サポートや距離感を意識して、時にはポジションチェンジを入れながらやっていこうとは言っている。