2016.10.16

スペイン、タラゴナで守りの要の
鈴木大輔「代表でやれる自信はある」

  • 山本孔一●文 text by Yamamoto Koichi photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

 そんな鈴木に、日本代表について聞いてみた。

「試合は練習があったんで見てないですけど、負けられない厳しい状況、プレッシャーが強い中で戦っていることは本当にすごいと思う。けど、いつでも代表の中に入って自分の力を出せるという自信を持ってこっちでやっている」

 鈴木はそう言って代表復帰への意欲を見せた。確かに鈴木がプレーしているのはバルセロナやレアル・マドリードのような世界トップクラスが集うトップカテゴリーではない。それでも鈴木は、自分が高いレベルでやれていること、そして日々の練習、試合が自身の血となり肉となっているという確信を手にしている。

「下のカテゴリーだと言われたら言い返せないところはある。ただ、今日の試合もそうだけど、高いレベルの中でやれているとは思っているし、着実に力はつけているという実感を持っている。2部とはいえ1部とは紙一重の差なんだな、というのは日々感じているし、楽しみながらサッカーができている」

 クラブでベンチを温めることが多いと言われる日本代表の欧州組だが、鈴木はカテゴリーが下とはいえ、激しいボディコンタクトとしっかりとした技術のあるスペインサッカーで、日々、揉まれている。