2016.10.05

うずくまるまで走った岡崎慎司。
久々の出番で見せた「自分のよさ」

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by AFLO

 そこでプレッシャーをかけるのは、めっちゃしんどかったですね。追わされているだけで、挟みにいけている感じがしなかった。それは前半を見ていても、そう思いましたし。まぁその分、相手のボランチをフリーにさせないようにはできたし、相手が使っていたギャップをうまく掴めた感覚はありました」

 岡崎がプレスをかけようとも、中盤の選手がついてこないため、投入直後には「一緒に前へ」のジェスチャーで指示を出す場面があった。しかし、それでも岡崎は精力的に走り回った。プレスの”スイッチ”を入れることで、背後の選手も徐々に動き出し、相手のパスミスを誘発するシーンも出始めた。

 さらに守備だけでなく、攻撃でも投入効果が表れた。岡崎は、昨季と今季の「攻め方の違い」について、次のように考えているという。

「形は4-4-2で一緒ながら、昨季と違うのは、4DFと4MFで守って、前の2FWに当てること。それで無理だったら、攻撃が終わっちゃう。力関係として僕らのほうが上なら、レスターが押し込んで、みんなも躍動する。でも、この試合はそうではなかった。コレクティブというより、ひとりひとりでやっている感じ。2トップもひとりひとりで行ってしまうし。前でボールを獲って、チャンスをつくることもあった。ただ、相手がもっと上手だったら、どうなるんだろうと思います」