2016.09.27

若手中心にメンバーを固定し始めたミラン。
本田圭佑の居場所は…

  • ステーファノ・メレガリ(『Forza Milan!』編集長)●文 text by Stefano Melegari  利根川 晶子●翻訳 translation by Tonegawa Akiko

 フィオレンティーナ戦は引き分けこそしたが、最近のミランの好調を再確認できた試合だった。時折息切れしてしまう場面もあったが、それでもミランより明らかにチームが仕上がっているフィオレンティーナ相手に、互角に張り合うことができた。

 試合後モンテッラは選手たちの働きをこう評価した。

「我々は前半、フィオレンティーナにかなりのスペースとボールポゼッションを許してしまった。ゴールチャンスをより多く得ていたのは彼らの方だった。しかし後半になると一変、ミランは何度も明確なチャンスを作り上げた。選手たちの勝ちたいという気持ち、最後まで諦めない気持ちを、私はとても気に入った。もっと経験を多く積んで、自信を持つようにしてほしい」

 この日のプレーについて、モンテッラはこう続けた。

「我々は今、出発点の基礎作りをしているところだ。このチームにはよりコンパクトさとクオリティの高さが必要で、それには自分たちの力を信じることも大切だ。ミランの選手たちはこれまで何年も、自分たちのベストの力を引き出してプレーすることができていなかったので、そのことですっかり自信を失っていた。だからまずは結果を出していくこと、実力を出していくことが重要だ。そのためには勝利し、失点しないことが理想だ。もちろん毎回できることではないがね。