2016.09.20

本田圭佑は「我慢の日々」も、ミランは今季最初の危機を乗り切る

  • ステーファノ・メレガリ(『Forza Milan!』編集長)●文 text by Stefano Melegari 利根川 晶子●翻訳 translation by Tonegawa Akiko

 今回のバッカの起用法に関してはこう述べている。

「相手チームに対して有効だと思ったから、作戦としての今回の起用法となった。サンプドリアのこれまでの試合を分析すると、いつも後半に調子が落ちてくる。そこで一気に攻めるためバッカを温存しておいたのだ。バッカは期待通りの働きをみせてくれたし、運も我々に味方した。サンプドリアはこの重要な時期に対戦するには非常に危険な相手だった。だからこそこの勝利は、勝ち点3以上の価値があった」

 最後に我らが本田圭佑だが、この試合ではアップを命じられながら、結局最後まで出番が回ってくることはなかった。本田にとっては厳しい時間が続いているのが現状だ。

 しかしこの数年間で、我々は本田圭佑という選手をよく知っている。もう少し我慢の日々が続くかもしれないが、必ず彼の助けが必要な時が来る。そしてその時には必ずその期待に応えられるよう、本田は常に準備をしていてくれるはずだ。

■海外サッカー 記事一覧>>

関連記事