2016.09.20

ライバル出現に岡崎慎司が危機感あらわ。
「厳しいFW争いやな」

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by AFLO

(セットプレーからのヘディングシュートで)1点を獲れるのが、スリマニのよさ。それ以外のプレーもよかった。ゴール前で力を発揮したんで、何も言うことはない。しかも、コイツ(運を)持っているなと思う。持っていないと、あそこで決められない」

 セットプレーからの1点目、クロスボールを泥臭く押し込んでの2点目と、スリマニはストライカーとして本領を発揮した。得点以外でも、前線でポストプレーをこなしたり、サイドのスペースに流れてパスを引き出したり、スルーパスで好機を演出したりと、多彩な才能を示した。岡崎ほどではないが、敵のパス回しを追いかけるハードワークも兼備。2トップでコンビを組むバーディーとは、柔らかいボールタッチで良質なコンビネーションを奏(かな)でた。

 公式戦2連勝を飾ったことで、「ここからの何試合かは今のメンバーで行くでしょう」と岡崎は言う。突如出現した強力なライバルにポジションを奪われた格好になるが、冷静に今の状況を捉えてもいる。頭のなかを整理して考えた結果、「必然だった」との結論に達したという。

「去年は(実質的にライバルとなる強力なFWが)いないし、チームも勝っていたから、自分が試合に出られていたところはあった。結局、出場チャンスをもらいながら、ゴールを獲り切れなかった。そのツケが回ってきた。チームとして、新しいFWを獲らざるを得なかったんだと思う。悔しいけど、今の現実をそう受け止めている。