2016.09.17

「初のCLでまさかのベンチ外」
という事態に、岡崎慎司が考えたこと

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by AFLO

 そのなかで、いかにレギュラーの座を勝ち取っていくか──。スピードと決定力を兼備するジェイミー・バーディーと、高さと水準以上の俊敏性を持つスリマニ。速さのあるムサ、高さで勝負できるレオナルド・ウジョアと、それぞれにわかりやすい個性がある。

 岡崎はハードワークが高く評価されているものの、本人としてはゴールを重ねて、絶対的地位を築きたいと考えている。アグレッシブに走り回りながら、同時にゴールも奪えるFWへ──。それこそが、岡崎がレスターで追い求めているストライカー像である。

 しかしながら、ラニエリ監督の"シンジ像"は少しばかり違うようだ。岡崎の求めるそれとのギャップを、前節のリバプール戦後に再確認できたという。

「たとえば、リバプール戦でロングシュートを打ったんですけど、そのシーンについても、監督から言われたのが、『お前は打つな』みたいな。『昨シーズンはあそこでパスを出して余計なことをしなかった』『色気づいている』みたいな。でも俺は、もっと欲があるじゃないですか。点を獲りたいし、やっぱりもっと上に行きたい。しかし監督は、現状維持でいいみたいなところだと思うんです。