2016.08.30

地震救援と猛烈練習。
本田圭佑は行動でモンテッラに訴えている

  • ステーファノ・メレガリ(『Forza Milan!』編集長)●文 text by Stefano Melegari  利根川 晶子●翻訳 translation by Tonegawa Akiko

 退場者が出たことに対しては、モンテッラは試合後の会見で、選手たちにこう明確なメッセージを残した。

「審判に抗議し続けることは、私のやり方ではない。しかし10人では試合は一層難しくなり、9人では乗り越えなければならない大きな山となる。選手たちのプレーには満足していただけに、こういう結果に終わったことは残念だ」

 この試合を分析すると、現在のミランの一番のウィークポイントは中盤であるように思える。攻守どちらの場面においても中盤が自分たちのやるべき仕事をきちんとこなしていないから、チーム全体が機能しない。一週間前のトリノ戦では中盤がカルロス・バッカにいいボールを出し、それがゴールにつながり、ミランの勝利となった。

 今のミランには攻撃でも守りでも、ベストのタイミングでチームを動かすレジスタがいないのだ。リカルド・モントリーヴォは多くのボールを取り戻すが、ゲームメイクの起点となることはあまり得意でない。この水曜日には夏の移籍市場が閉まるが、ミランはそれまでにその弱点をカバーできるような選手を獲得するのではないだろうか。

 最初に挙げた数字の説明に戻ろう。今節も本田圭佑がプレーした時間は残念ながら「0」だった。しかしミラネッロでは相変わらずのプロ精神で、心身ともに打ち込んだ練習を見せており、チャンスが巡ってきた時には絶対それをものにしよう、モンテッラに認められるようなプレーをしようと準備万端だ。本田はその態度でモンテッラに訴えている。