2016.08.27

さらばグアルディオラの呪縛。
 新生バイエルンが6発大勝スタート

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Getty Images

 新監督アンチェロッティは、3季前のグアルディオラ就任時と違い、独自カラーを打ち出す一助となるような選手を連れてくることはなかった。従来の選手を活用することで、この日の結果を出してみせた。

 両監督のスタイルはっきりと違う。「理想は100パーセントのポゼッション」と言ってはばからず、驚きをもたらしたペップのサッカーから、個人のスピードとパワーを重視したシンプルなサッカーへ。変化をひと言でいえばそうなる。

 そしてこの転換は、バイエルンの選手たちにとって難しいものではなかったようだ。複雑なポジションチェンジと細かいパスワークで圧倒するスタイルから、手数を少なく縦への意図がはっきりしたサッカーへと、変化は見た目にも明らかだった。

 先制点は9分。バイエルンが攻め込んだ状態で、クロスをブレーメンのディフェンダーがクリア。そのボールをシャビ・アロンソがダイレクトのミドルシュートで決めた。ブレーメンは自陣ゴール前に人数をかけていたにもかかわらず、防ぐことができなかった。

 その4分後には、中盤でボールを持ったアルトゥーロ・ビダルから、左サイドに高速のスルーパスが通された。ディフェンスラインを抜け出したロベルト・レバンドフスキがこのボールに追いつき、GKの位置を見極めながら頭上を抜き、ゴール右上にシュートを突き刺した。