2016.08.23

エースのバーディーも懇願。
「岡崎慎司のハードワークが必要だ」

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by AFLO

 結局、点が欲しいときというより、リズムが出ないときに、僕が出ると思うんですよ。だから一番いいのは、先発で出て信頼されながら、僕が葛藤し、そのなかで点を奪う形を見つけることだと思う。これが試合に出たり出なかったりだと、自分もゴールを獲る方法を見つけづらい。それはシュツットガルトのときもそうでしたけど、やっぱり試合に出られなくなると自信をなくすじゃないですか。

 ただ、僕はレスターで今のプレーを続けていくと決めている。足もとでボールを受けて、裏にも抜け、リンク役みたいな動きをする。何度か来たチャンスを決めて、周囲の信頼を高め、次にまた決めて......。それを繰り返していく」

 ふたケタ得点を狙いながら、同時に、プレッシングなど守備にも走り回る。リンク役として周囲を生かす仕事をこなし、敵の寄せが激しい密集地帯にも顔を出す。「このチームで(自分が)やることは、相当タフですよね」(岡崎)との言葉どおり、ふたケタゴールを狙うには幾多のハードルを乗り超えていく必要がある。

 プレミア挑戦2季目となる今シーズンは、本人が「勝負の年」と位置づける。ゴールを量産したい「理想」と、レスターでのタスクをこなす「現実」の狭間で揺れながら、岡崎はFWとしてさらなる高みを目指そうとしている。

■海外サッカー記事一覧>>

関連記事