2016.08.23

エースのバーディーも懇願。
「岡崎慎司のハードワークが必要だ」

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by AFLO

「開幕戦を終えて、チームメイトから、『シンジが必要だ』と声をかけられた。(ジェイミー・)バーディーにも、『オマエが前からプレスをかけてくれるのは助かる。あのような動きがチームには必要だ』と言われた。自分としては点を獲りたいし、前にも行きたいけど、チームメイトはそう思ってくれている。だから、チームがいい雰囲気を取り戻すまで、特に今日は我慢のプレーだったかなと思います」

 実際、岡崎のプレーは効果的だった。前線から精力的にプレスをかけ続けることで、レスターのストロングポイントである躍動感を取り戻した。しかも、中盤の密集地帯でボールを受けることで、パス回しにリズムが生まれた。岡崎が敵を引きつければ、最前線に残るバーディーにもスペースが生まれ、イングランド代表FWのスピードは前節よりも生きるようになった。岡崎は言う。

「バーディーとのコンビはすごくよかったと思います。たとえば、俺らがボールを奪った後、バーディーにはスペースに飛び出す時間が必要だと思うんです。でも、僕が中央にいないと、そこでワンクッション入らないから、抜け出す時間が生まれない」

「チームに一体感が出るのが一番大事。守っているとき、『チーム全体で守ろう』という意識がこのチームにありますよね。自分はそういう役目ができる。そこは意識しました」