2016.08.08

「プリマドンナはいらない」。名将・コンテが理想とするチームの作り方

  • クリスティアーノ・ルイウ●取材・文 text by Cristiano Ruiu 宮崎隆司●翻訳 translation by Miyazaki Takashi photo by Getty Images

 いわゆる「プリマドンナ」的な選手を、私はこれまでもこれからも、たとえ夢の中であっても自分が指揮するチームに持つことはない。

 そのうえで、この場であらためて明言できるのは、いわゆる「ゾッコロ・ドゥーロ(イタリア語で「チームの主軸たち」)」を私自身が5年前にユベントスで作り上げていたという事実だ。ユーベで私の後任となった監督はその恩恵を受けている。

 要するに、当然のことながら私は彼らの実力を知り抜いている。そして、ボヌッチら主軸たちを中心として、その他の選手たちはまず代表の中で何をすべきかを、とりわけ「何をしてはならないか」をすぐに正しく知ることになった。

 W杯4度制覇の重みが青いユニフォームにはある。代表には国を背負うという責任がある。伝統国としての誇りを守る義務がある。この意味を知る者だけが代表の名に値するということだ。