2016.08.07

現状はCFの2番手。マインツ武藤嘉紀が語る「のし上がる方法」

  • 山口裕平●文 text by Yamaguchi Yuhei photo by AFLO

 堅守速攻を得意とするマインツには、2通りのCF起用が考えられる。ひとつは昨季前半戦のように、キープ力はないがスピードのある武藤を据え、スペースに走り込む武藤を先頭に素早い攻撃を仕掛けていくパターン。もうひとつは昨季後半戦のように、スピードはないがキープ力のあるコルドバを配置し、コルドバにいったんボールを収めてから後方の選手が素早く追い越していくパターンだ。

 現在、シュミット監督は後者を好んでおり、武藤はチームで2番手のCFという位置付けにある。この状況を変えていくために必要なものは結果だと武藤は考えている。

「やっぱり今日みたいな苦しい展開の試合で、点を取るしかないんじゃないですかね。前半はコルドバにボールが収まっていい形で試合が進んで、後半に自分が入って点を取るという形を続けていけば、おのずと監督の中の優先順位は変わってくると思います。

 本音を言うと、ジョン(コルドバ)と2トップを組めれば、ボールを収めてくれる人の周りを動けばいいので自分にとってはありがたいですけど。

 これから監督がどういう選択をするか分からないですけど、とにかく結果を残さないといけないなと思います。監督も収まるFWが好きですし、自分がこれからジョンのような収める力を身につけられるかといったら、そうではないので、違うところ――得点だったりアシストだったりを増やしていかないとな、と思います」