2016.08.05

本田圭佑のアメリカ通ぶりに同僚もビックリ。ミラン密着写真日記

  • text & photo by Studio Buzzi 利根川 晶子●翻訳 translation by Tonegawa Akiko

リバプール戦に後半途中から出場した本田圭佑 ケイスケはこのスタジアムが大好きなようで、最初に中に入った時は、普段冷静な彼には珍しく興奮していた。スタジアムについてもよく知っていて、建設費用から、完成までにかかった期間、収容人数などの知識を披露しては皆から賞賛されていた。観客も多く、雰囲気は最高だ。しかし試合には0-2で敗れてしまった。ケイスケは怪我から復帰したばかりでもあるので、この日もベンチスタート。68分に途中出場したが、実力を発揮することはできなかった。

8月1日

 昨日は1日フリータイム。選手たちは思い思いに過ごしたが、大半は部屋で映画を見たり、音楽を聴いたり、ゲームをしたりで、出かける者は少なかったようだ。今日は早朝便で最後の目的地ミネアポリスへ。ケイスケは相変わらず後方の座席に陣取る。隣の席はニアング。ミネアポリスは暑すぎず、寒すぎず、今回滞在した都市の中では一番過ごしやすい。街も綺麗だ。滞在先はウェスティン・ミネアポリス。ケイスケは一人部屋を希望していた。

ミネソタ大学で行なわれたミランの練習 午後はミネソタ大学のグラウンドで練習を行なった。ミラノを出発してからすでに10日、選手たちにも多少疲れが見えてきた。