2016.07.29

久保裕也は五輪に出場できるのか。
「出たい」気持ちとクラブの事情

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko
  • photo by AFLO

 今年2月にインタビューを行なった際、久保は、クラブのチームメイトが五輪について「あまり知らないようだ」と驚きながら、「楽しみにしているし目標にしている大会」と語っていた。将来をかけた重要な大会になると久保本人が捉えていることは強く伝わってきた。

 最終的に久保は五輪に参加できるのか、否か。初戦の24時間前まで登録選手の変更は可能であり、霜田ダイレクターはクラブの翻意を促すのだろう。だが先に述べたように、クラブ側は決定事項として「久保はリオに行かない」と発表している。ルール上はクラブ側に分があり、交渉は難航する可能性が高い。

 問題はそうなったときの久保のモチベーションである。久保自身はすんなりと切り替えてヤングボーイズのためにプレーできるものなのだろうか。そしてそれがビッケル氏のいう「クラブの利益」につながるのだろうか。いずれにせよ久保にとっては試練の夏となる。

関連記事