2016.07.29

ピザ夕食からバイエルン戦まで。
ミラン本田圭佑の密着写真日記

  • text & photo by Studio Buzzi
  • 利根川 晶子●翻訳 translation by Tonegawa Akiko

空港ではファンに囲まれた7月24日

 シカゴに着いたチームは『ホテル・ザ・ペニンシュラ』に宿泊した。

 今朝はまず時差ボケと長旅の疲れを取るために、ジムでストレッチとウォームアップ。その後外に出ての練習となったが、シカゴはあいにく激しい雨だった。

 さて、日本の皆さんに朗報がある。本田が今朝からチームに合流。やっとみんなと同じメニューで練習できるようになった。この感じだと3日後に控えたバイエルン・ミュンヘン戦でも活躍が期待される。

 今晩はホテルで夕食。腕を振るうのは名コック、ミケーレ・ペルセキーニ。シルビオ・ベルルスコーニのお抱えシェフである。本田とも仲がよく、彼がミランに来て初アシストを決めたとき、一番最初に走り寄ってハグしたのが実は彼である。

今季、初めてチーム練習に合流した本田圭佑7月25日

 シカゴは暑い。なにより湿度が高いのがこたえる。そんな中で今日は午前、午後とダブルのハードな練習だった。明後日の試合に向けて英気を養うため、今晩はチーム全員、シカゴで最も有名な老舗ピザレストラン『ロウ・マルナティス』で夕食。イタリアのそれとは違う、シカゴ風の分厚いピザに驚きながらも、みな舌鼓を打った。手づかみでかぶりつく選手もいる中、礼儀正しい本田はきちんとフォークとナイフで食べていた。