2016.07.11

C・ロナウドを欠いて栄冠。頼りなさげなポルトガル指揮官の見事な采配

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki
  • 赤木真二●写真 photo by Akagi Shinji

 ポルトガルは前評判で7番手。ベスト8からベスト4をうかがうチームと評価されていた。つまり、5~6試合を戦うであろうと。そこで最大の力を発揮するチームでありたいとF・サントス監督は考えた。終盤にきて強いチーム、息切れしないチームでありたいと。

 このやり方は、前半で苦戦するリスクが増大することになる。だがそれを怠り、目先の勝利を欲しがるガチガチの采配をすれば、少なくとも優勝の可能性は低くなる。

  フランスのディディエ・デシャン監督の采配の方が、そうした意味では余裕を感じなかった。使ったフィールドプレーヤーはポルトガルより3人少ない17人。 レギュラーとサブがほぼ決まっていて、入れ替えも少なかった。また、それにまつわる布陣の変更もなかった。奥行きのない采配。最後にきて息切れしそうな采 配。6試合はなんとか持っても、7試合目は苦しそうな采配に見えた。

 後半21分にF・サントス監督が行なった2人目の交代、アドリアン・シルバOUT、ジョアン・モウチーニョINも上々だった。ポルトガルに元気をもたらす交代だった。

 そして3人目の交代が行なわれたのは後半34分。

 ベンチに下がるレナト・サンチェスを、F・サントス監督は笑顔で迎えた。よくやったよくやったとばかり、弱冠18歳の頭をなでながら労をねぎらった。交代で入ったのは、フランスのリールでプレーするエデル。ポルトガルFW陣の中では最も影の薄い存在だ。