2016.07.09

EURO珍事。敗者を気づかうアイスランドサポーターがいい人すぎる

  • 山口裕平●文 text by Yamaguchi Yuhei
  • 赤木真二●写真 photo by Akagi Shinji

 この大会では新たなフットボールアンセムが生まれた。北アイルランド人FWウィル・グリッグの応援歌である『Will Griggs's on Fire』だ。実はウィル・グリッグは今大会の出場はなく、北アイルランドにとってそれほど重要な選手ではなかったのだが、そんな選手の応援歌が爆発的な ヒットになった。

 ことのきっかけは大会前の5月。グリッグの所属するウィガン(イングランド2部)のサポーターが、90年代にイタリア人 歌手ガラが歌ったテクノソング『Freed from Desire』に「グリッグは燃えている。お前たちのディフェンスは恐れているんだ」という歌詞を乗せて応援チャントにし、動画サイトにアップしたこと だった。そのキャッチーなメロディとシンプルな歌詞が人気を博して一気に北アイルランド人ファンに広まると、いまや各国のファンが歌うようになり、UK チャートトップ10入りという快挙を成し遂げるに至った。

 出場のなかったグリッグだが、自分を歌ったチャントが爆発的なヒットになったこ とを喜んでいるようだ。グループリーグ第3戦ドイツ戦前の記者会見では、記者からドイツ代表DFマッツ・フンメルスに「グリッグは燃えているんだが、君た ちのDFは彼を恐れているかい?」という質問が飛んだことがきっかけで、試合後にはフンメルスからユニフォームの交換を求められたという。