2016.06.17

シュート19本で1点。ユーロの伏兵・スイスの攻撃が期待外れなわけ

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by Hara Etsuo

 これまでの2試合は1勝1分けとはいえ、奪った得点は2試合でわずか2ゴール。しかも、いずれもコーナーキックから生まれたもので、流れのなかからは無得点だ。

 志向するサッカーはかなり洗練されている。モダンと表現してもいい。

 ふたりのセンターバックがワイドに開いてビルドアップし、両サイドバックを高い位置に押し出す。両サイドMFはタッチライン際でも中央でもプレーでき、長短のパスを駆使するボランチがピッチを横に広く使って、どこからでも攻撃を仕掛けてくる。スイスのサッカーを文字にすれば、そういうことになる。

スイスの中盤でパスを供給し続けたジャカ ルーマニア戦でも、ボールポゼッション率は61%と相手を大きく上回り、放ったシュートは19本。数字上も、ルーマニアゴールに向かって怒涛の攻撃を仕掛けていたかのように見える。

 だが、90分間にどれだけ決定機があったかを物差しにするなら、スイスが効果的な攻撃を続けていたとは言い難い。むしろ、無骨にゴールに向かってくるルーマニアの攻撃に、スイスがタジタジになる場面が多かった。

 一見洗練されているようで、実は中身が薄い。スイスがやっていたのは、そんなサッカーだ。

 スイスはこれだけボールを支配し、攻め続けていながら、なぜ決定機が少ないのか。