2016.06.03

EURO3連覇を目指すスペイン。圧倒的な層の厚さも、守備陣にスキあり

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by AP/AFLO

「私の年齢(35歳)で、しかも代表の常連でもなかった(予選の招集はなく、代表出場はわずか4試合1得点)選手が、EUROの舞台に立つのは普通ではない」(アドゥリス)

「デルボスケからは全幅の信頼が伝わる。僕はその恩に報いるだけ。チームの一員としてね」(モラタ)

 選手たちのコメントにあるように、デルボスケは“スペインらしさ”という小さな了見で選手の可能性を縮こませていない。所属クラブで結果を出している選手の力を、まずは信じる。“チーム戦術に合わない”“年齢的な問題”などと構えず、結果と実績で選手を選出した。異質な選手もあえて入れ、全体の緊張感を保ちながら競争力を高め、骨太で強壮な集団を目指している。

 それは、欧州3連覇に挑む王者の気概というべきだろうか。

 3連覇は可能か。それは戦いの幕が上がらないと分からない。EURO2008,EURO2012の連覇すら史上初の偉業だったのだ。一つ言えるのは、スペインは王者として堂々と挑む、ということである。
●UEFA EURO 2016TM サッカー欧州選手権 
WOWOWにて全試合生中継!放送予定はこちら

海外サッカー記事一覧>