2016.06.02

ドイツ2部で復活の宮市亮、「最終戦の爆発」と「ケガ対策」を語る

  • 山口裕平●文 text by Yamaguchi Yuhei photo by Itaru Chiba/AFLO

 今季は可能な範囲でコンディションを作って実戦でのプレー時間を増やし、感覚を取り戻していく。宮市自身も来季に向けて準備をしていく期間と割り切っていた。

 それだけに最終節の先発は驚きだった。その週は練習での調子がよかったため、リーネン監督は先発起用を決めたそうだが、消化試合だったこともあり、試しにスタートから使ってみようという考えがあったのだろう。

 その先発復帰戦で2ゴール1アシストと結果を出したことは非常に重要だが、しっかりと力を発揮することができれば十分に活躍できることが分かったことも大きな収穫だ。この試合で宮市は、敵陣でボールを受けて相手と1対1の状況を迎えれば違いを作り出せることを示してみせた。この活躍は、来季の完全復活を目指す宮市にとって大きな心の支えになるはずだ。

 もちろん全てのプレーが完璧だったわけではない。

「今日もファーストタッチでミスしてシュートに持っていけなかったというプレーがありました。それも心肺的に疲れていて思うようなタッチができなかったんですけど、コンディションが整っていけばまだまだ上げていけるところはあると思うので、あとは本当にコンディションだけだと思います」