2016.04.07

レアル、ヴォルフスブルクに完敗。CL優勝争いを混沌とさせた「邪心」

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki 渡辺航滋●写真 photo by Watanabe Koji

 バルサも昨季は謙虚だった。相手ボールの奪い方、マイボールの奪われ方、それぞれに工夫があった。言い換えれば、昨季はピッチをくまなくカバーできていたが、現在は、それができていない。エリアを支配できていないのだ。特に右サイド。リオネル・メッシのポジションはどこなのか。4−3−3の右ウイングのはずだが、彼はそこにほとんどいない。今季、シーズンが深まるにつれ、その傾向を強めている。

 これまでにも、そうしたシーンはたびたびあったが、ルイス・スアレスとイヴァン・ラキティッチの気が利いたポジション移動で解決できた問題だった。メッシの奔走なプレーを彼らのカバーリングの精神で補ってきたわけだが、現在のようにメッシにほぼ常時、真ん中にいられると、それは無理な注文になる。2連覇を狙うチームの、これこそがまさに邪心だ。

 バルサの右サイドは、右サイドバック、ダニ・アウベス1人になる。その前方(右の奥)にボールが運ばれる機会は減る。右を有効に使えないために、ボールを奪われる位置は真ん中に偏る。

 クラシコでバルサに向かってきたレアル・マドリードは、エリアを支配できていた。C・ロナウド、ベイルは、自由奔走に流動的に動き回らず、なにより与えられたエリアをカバーすることを心がけていた。R・マドリードに“メッシ”はいなかった。