2016.03.08

途中交代にも冷静な岡崎慎司。
理由は「初めての優勝争い」だから

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke  photo by Getty Images

 ただ同時に、優勝を目指すレスターが値千金の勝利を収めてもいる。「前半だけでの交代」と「チームの貴重な勝利」──。"悔しさ"と"うれしさ"という、相反するふたつの感情が複雑に入り混じっているのではないかと、筆者は勝手に想像していたが、試合後の岡崎は素直に、「いや、勝ってよかった」と笑顔を見せた。日本代表FWは前向きに言葉をつなぐ。

「ここまできたら、チームとして優勝するか、(来季)CL出場権を確保したい。たしかに、この首位争いのなかで自分がゴールを決めれば、ヒーローになれる。でも、俺が特別に結果を残して勝ってきたシーズンではないし、こういう立場になるのも仕方ない。だけど次、また来季もチャレンジできるわけだし。自分の怖さは出せていると思う。ここでガッカリしていられない」

 チーム内で絶対的な立ち位置を目指しながら、レスターの一員として団結して戦っていく──。そんな岡崎の意志は、「プレミアリーグの優勝争い」に話が及んだときにも感じられた。仲間へのリスペクトを忘れていないのだ。

「プレミアリーグどころか、これまで俺は優勝争いを経験したことがない。日本では清水エスパルスで優勝争いをしていても、早めに離脱していくパターンが多かった。そういう意味では、今のチームメイトのすごさを改めて感じます」