2016.02.04

「ハットトリックしてぇ!」。
岡崎慎司がこぼしたゴールへの強烈な想い

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke  photo by Getty Images

 それゆえ、1回のチャンスを確実にモノにしたバーディーの決定力と勝負強さに、岡崎は素直に感服した。「時間のある限り、ゴールを狙っている」と言い切るほど、得点意欲を最大限まで高めているだけに、バーディーのゴールには考えることが多かったようだ。

「今日がそうだったように、バーディーが決めないと試合に勝っていないですからね。そういうのを見るたびに、やっぱり結果を出せる選手になりたいなと」

「バーディーは、あのワンチャンスで決めている。その差ですよね。決めるか、決めないかには、本当に大きな差を感じます。別にどんなゴールであってもいいから、とにかく決められれば。ゴールは、理屈じゃない」

 リバプール戦に勝利したことで、リーグタイトルへの期待も高まってきた。実際、敵将ユルゲン・クロップから試合後、「お前ら、優勝だな!」と声をかけられたという。だが、当の日本代表FWは、「優勝する、しないとかではなくて、自分が点を獲るか、獲らないか。どれだけシュートを打つか、ゴールを決められるかって感じで、シンプルにやっている。だからミスをしても、『別に』って感じ。自分をどこまでアピールできるか」とストライカーらしく、あくまでもゴールへのこだわりを口にした。