2015.11.27

データで見る欧州クラブ。強いスペイン勢、弱るイタリア勢を英独が追う

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki photo by AP/AFLO

    国別に分類すれば、イタリア3、イングランド3、スペイン2、ドイツ、ポルトガル各1となる。表からも明らかなのは、イタリアに現在、勢いがないことだ。2016年現在のランキングでトップ10内にいるのはユーベ(8位)ただ一つ。ミランとインテルは、それぞれ23位、27位と圏外に大きく後退中だ。過去2年間はトップ10にいたクラブが一つも存在しなかった。

 イタリアに勢いがあったのはこの表の前半部分。2000年までになる。サンプドリア、ラツィオ、そして96年に2位まで上り詰めたパルマ。イタリア3強(ミラン、インテル、ユーベ)以外の3クラブ、計6クラブがトップ10入りを果たすなど、かつてのセリエAは現在とは比較にならないほど高いレベルにあった。