2015.11.09

ダービーで先制弾。観客をあおる香川真司は「ドルトムントの中心」

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Getty Images

「終盤は苦しかったです。後半に自分たちが4点目を逃してからは、相手はリズムに慣れてきていましたし、自信も取り戻していったので、すごく苦しかった。ひとつのミスで流れが変わる状況だったので、すごく緊張感がありましたけど、うまく試合を動かせたと思います。(守備に関しては)2失点目はそんなに相手にチャンスがない中で取られたし、ロングボールやセットプレーは怖かった。でも、それを除けばうまく守れていたと思います」

 試合終了の笛が鳴ると、香川は飛び上がって喜び、仲間と輪を作りながらゴール裏のサポーターたちをあおった。2連覇した当時よりも派手で分かりやすい歓喜の姿に、まぎれもなく今の香川はドルトムントの中心選手なのだと実感させられた。