2015.10.28

ニュースてんこ盛りのミラン。本田圭佑は練習で先頭を切った

  • ステーファノ・メレガリ(『Forza Milan!』編集長)●文 text by Stefano Melegari  利根川 晶子●翻訳 translation by Tonegawa Akiko

ニュースその4

 この日の攻撃陣はよく機能していた。得点を決めたのはバッカとルイス・アドリアーノ、今ミハイロビッチが使えるたった2人のトップの選手がともにゴールを決めたのは大事なことである。特にルイス・アドリアーノは途中交代で入ってすぐにチームに馴染み、チームメイトが作ってくれたチャンスを無駄にすることはなかった。2トップを組んだバッカとの息もぴったりで、現在の難しい状況を打破する原動力となることが期待される。

ニュースその5

 GKのジャンルイジ・ドンナルンマが16歳8ヵ月という若さでミランのトップチームデビューを果たした。これはパオロ・マルディーニの16歳6ヵ月に次ぐ、ミランでは歴代2位のスピードデビューである。ご存知のとおりマルディーニはその後、1000試合以上をロッソネロのユニホームで戦ったレジェンドに成長した。彼にもぜひそのあとに続いてもらいたいものである。

 GKとは他のフィールドプレーヤーと違い、リスクが高く非常に難しいポジションだ。しかしそんな重要なポジションで、ドンナルンマはアクシデントによる交代などではなく、堂々とスタメンとしてデビューしたというのは特筆すべきことである。もちろんミランにはディエゴ・ロペスという世界でもトップレベルのGKがおり、正GKの座は彼のものであることは変わらないが……。