2015.10.26

苦悩する岡崎慎司。「イメージを払拭するのがすごく大変」

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke  photo by AFLO

 こうした一連の流れから考えると、ラニエリは岡崎の存在を、試合の流れを劇的に変える「起爆剤」というより、安定感を注入する「チームプレーヤー」として考えているのだろう。だが、そこに難しさがある。日本代表FWは語る。

「チームに加入したときは、そんなに守備的な選手だとは思われていなかった。でも、俺は試合に出るために、最初は守備でアピールしたわけです。そうしていくうちに、だんだん、『こいつを入れたときは守備的な戦いをするぞ』というふうになってしまった。自分のイメージを払拭するのが、すごく大変です」

 ゴールを狙おうと最前線まで突っ走っても、ラストパスはバーディーの足もとに入ってしまう。しかも、岡崎起用時はチームが守備的なアプローチを採用し、日本代表FWはゴールまで距離のある位置でプレーを強いられる場合が多い。

 得点を挙げれば、風向きは間違いなく変わるだろう。しかし、そのゴールが遠い――。「現状を打破したい」と岡崎は前向きに語るが、少しばかり袋小路に入ってしまっている。

関連記事