2015.10.25

ブンデス1000勝。大迫勇也が漏らした「バイエルンが強い理由」

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Getty Images

 大迫が入ったのは58分。すでに3-0になり、試合結果は見えていた。大迫は右MFで30分強プレーしたが、ボールタッチはわずかに9回。何もできずに終わった。

「みんながみんな引いてるので、ただ後ろに人数がいるだけ、CBが多いだけ、みたいな感じだった。CBがもうちょっと人をつかむ仕事をしないと、前の選手に負担がすごくかかるなと思いました……。あと勇気を持ってもうちょっとボールポゼッションしないといけないなと思うし、CBがキーパーに下げて長いボールを蹴って、というのしかなかったので、もっと勇気を持って、縦パスを入れたりして欲しかったですけどね」
 
 守備一辺倒の状況を変えることもできない歯痒さばかりが募った。「チームとしてびびりすぎたのでは?」とたずねてみると、同意しながらも、ケルンのやり方にも一理あったのだと説明した。

「見ててそう思いましたよね? もっと前から行っていいと思いますけど。割り切りすぎてるところはあるかな。それが良い方向に出るときもあるからやるんだと思いますけど、今日は全く良いところがなかったと思います」

 同じブンデスリーガで戦うバイエルン相手になぜこんなにも腰が引けてしまうのか。大迫が最後に付け加えた言葉には大きなヒントが隠れていた。