2015.10.06

「要求はしている」。岡崎慎司が語ったチームメイトとの連係面

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke  photo by AFLO

 だが、岡崎はこれまでのプレーに「仕掛け」のエッセンスを加えていくことで、自分に「流れ」がくると信じている。

「チームで点を獲る選手がいっぱいいるなかで、そこに割って入っていくのはなかなか難しい。彼らの調子がいいから、パスも入るし。ただ絶対、自分に流れはくる。バーディーやリヤド(・マフレズ)が点を獲れなくなってくる時期はくると思うし、そうなった時に自分がゴールを奪えないと、チームとしてもクオリティが落ちてしまう。そうならないように、今は我慢しながら(やるべきことをやる)。

 自分としてはゴールをどこで獲るのかを見つけ出してきているので、そこをもっとチャレンジしていきたいですね。マインツの時もそうだったけど、(ゴールを)決めるまで時間がかかって、(いったん)決めると決め出すというのが自分のスタイルなので。FWというのは、そういうところがあると思う」

 この試合でも得点はなかったが、ゴールまでの距離は縮まってきている。岡崎は、確かな感触を掴んでいるのだ。

 現在4勝1敗3分と、チームは白星先行。「バーディーと岡崎による前線からのプレッシングはチームにとって重要」とラニエリ監督が高く評価し、岡崎を継続して先発起用していることも、日本代表FWにとって追い風だろう。

「我慢」のその先に、歓喜の時は待っている。

岡崎慎司 の記事一覧>
海外サッカー の記事一覧>

関連記事