2015.09.24

好調ヘルタを支える原口元気。サイドMFとして新境地

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Getty Images

 この日のダルダイ監督からの指示は、「サイドの選手はうまくサイドを崩してクロスを供給する」というもの。原口は「中に入ったりとか外に開いたりとか、うまくやりながら表現できたんじゃないかなと思います」と手応えを語る。

 監督からの信頼度は日増しに上がっている。今季が始まった当初は「試合中の指示が伝わりやすいよう、常にベンチのあるサイドで」と、前後半でプレーするサイドを変えられていたことさえあった。最近ではそんな理由でのポジション変更はなくなった。その1点だけをとっても、大きな変化が認められる。

 原口が悔やむのは58分のシュートシーンだった。右サイドからドリブルで切れ込んでからのシュートはGK正面に。

「前節もありましたけど、今は右サイドなので、カットインして左足(シュート)。相当スプリントしてから打ったからパワーが出なかった。今後の課題はそこかなと思います。今日の狙いはクロスだったので、クロスは右足のほうが上げやすい。だから今日の戦術では右の方がやりやすいですけど、僕自身が点をとるとしたら、左にいてカットインしたときの方が威力はあるんじゃないかと思います。それを左足のシュートでもできるようになったらいいなと思います」

 ひと皮むけた感のある原口。ヘルタは中4日で次節フランクフルト戦を迎える。この強行日程をどう乗り切るかが、ブンデス前半戦の行方を左右する。

関連記事