2015.09.18

ELで辛勝ドルトムント。不在の前半でわかった香川真司の重要性

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Getty Images

 もちろん香川ひとりが入ったからといって急に流れが変わるわけではない。

「リズムが悪かったので、距離感だったりパスの回し方だったりを意識しました。最初うまく入れたところはありましたけど、その後、ミスが続いてシュートチャンスを逃したりして、なかなか勝ち切ることができなかった。やっぱりポジショニングというか、味方のフォローの質などがいつもと違った感じがした。チームとして新しい選手が増えて、まだまだ連携面では課題があると思うので、もっと修正してやっていきたいと思います」(香川)

 香川は相手のカウンターの精度が下がらないことを「怖い」と思いながらプレーしていたという。それでも最後はパクがゴール前に飛び込み、マインツ時代の同僚、岡崎慎司を思わせる低空で頭ごと突っ込むヘディングのゴールでどうにか逆転。勝ち点3を手にした。

 この日がドルトムントでのデビュー戦だったパクについて香川はこう語った。

「誰もがデビュー戦は緊張するし、気合いが入るもの。結果を残したいっていうところで、1ゴール1アシストは彼にとって良かったと思う。ただ足がつっていたし、後半はやっぱり疲れていたかな。そういう意味では今日は本来の力ではなかったと思うんですけど、最後はいいところにいたなと思います」

 ドルトムントはこれで今季公式戦10連勝。流れの悪い中でもどうにか勝ち切れる、昨季との大きな違いを見せた一戦だった。


海外サッカー の記事一覧>

関連記事