2015.09.16

CL復帰のマンUはいきなり逆転負け。名門復活へ遠い道のり

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Getty Images

 だが、前半ロスタイム、PSVはCKにモレノが合わせ、ボールはブリントに当たってゴールに。1-1で試合を折り返す。

 逆転弾は57分だった。PSVはマンUが最終ラインから中盤へとボールをつなぎ切れなかったところを逃さず奪い、そのままレスティエンヌの速い左クロスにナルシンフが合わせた。マンUにとっては守備の乱れを突かれた痛恨の1点。これ以降はマンUに前半の勢いも見られず、PSVが落ち着いて守り、勝ち点3を取る戦いにシフト。初戦でいきなり番狂わせを演じた。

「2点目を決めれば試合は終わっていた。今日の誇れることは、多くのチャンスを作ったことだけだ」と、ファン・ハールは試合を振り返った。

 今季、大金を投じて選手を獲得したマンUだが、どこかまとまらない個人頼みの印象は変わらない。名門復活への道のりは一筋縄ではいかないことを、あらためて感じさせられた。

関連記事