2015.09.11

移籍市場の活用で競争力上げたチェルシー、下げたマンU

  • サイモン・クーパー●文 text by Simon Kuper  森田浩之●訳 translation by Morita Hiroyuki

 チェルシーの昨季のリーグ制覇はジョゼ・モウリーニョ監督のプロフェッショナリズムのたまものであると同時に、オーナーであるロマン・アブラモビッチのシニアアドバイザーを務めるマリナ・グラノフスカヤと、テクニカルディレクターのマイケル・エメナロの功績でもある。

 注目すべきなのは、グラノフスカヤとエメナロが、フットボールクラブのオフィスにはほとんどいなかったタイプの人材だという点だ。グラノフスカヤは女性、エメナロは黒人男性だ。広範にわたる才能を抱えておくことは、フットボール界では競争力の向上につながるのかもしれない。

続きを読む>>

関連記事