2015.08.26

開幕戦で犠牲になった本田圭佑。ミラン監督「不安になる必要はない」

  • ステーファノ・メレガリ(『Forza Milan!』編集長)●文 text by Stefano Melegari  利根川 晶子●翻訳 translation by Tonegawa Akiko

 ミハイロビッチの言うことはもっともである。今はまだ警鐘を鳴らす必要はない。シーズンは始まったばかり。出来、不出来の波があるのは、監督の変わった建設中のチームにはありがちなことである。勝利は自信をもたらす助けになるが、敗戦はどこが間違っていて、どこを直せばいいかを教えてくれるものだ。

 来週の土曜にはミランはホーム、サン・シーロにエンポリを迎えるが、そこでミランがどんな姿を見せてくれるのか、今から楽しみだ。

 カルチョメルカート(移籍市場)が閉まるのは8月31日。これから大詰めを迎える。今後の一週間でまた新たな顔が加わることも大いにありうる。中盤に1人か2人の新選手、そしてなによりマリオ・バロテッリの帰還が現実になりそうだ。

 移籍の最終日は今度の月曜日。だから来週のこのコラムでは一体何が起こったかを皆さんにお伝えできるだろう。そして同時にミランの勝利と、本田のゴールのニュースも一緒にお届けすることができれば何よりである。

 Forza Milan!!


オフィシャル誌編集長のミラン便り>

関連記事