2015.08.17

開幕戦圧勝。香川真司とドルトムントが蘇った理由

  • 了戒美子●text by Ryokai Yoshiko photo by Getty Images

 前半、相手のブロックが崩れずスペースのない時間帯はより中盤的に、後半に入ってスペースができると今度は攻撃的に動いた。クロップ時代にはトップ下に入り、セカンドトップとしてゴールを狙う動きを評価されてきた香川だが、中盤的な役割が新たに与えられた。これがオーバメヤン、ロイス、ミキタリアンという高速フォワード陣と相性良くはまった。

「うちは3トップみたいなもの。そのスピードを生かす監督の意図がある」と香川は語る。彼らとのコンビネーションに苦しんだ昨季が嘘のようだ。よりポゼッションを指向することで、新たな手応えを感じているとも言う。

「今まで後半は単調になって、取ってカウンター、というのがあったんですけど、今は相手の前に僕たちが90分プレスにいけていたし、マッツ(フンメルス)も試合中からもっと行けという感じで言ってた。こんなに大勝しているなかでも、一つのことをやり続けることがチームとしてやれていて、そうなると相手はもう前に行けない。だから相手も引くしかなかった。前に急ぐのではなくて、しっかりポゼッションできていたので、そこは大事にしながら、仕掛けていくというのをもっと浸透していけば、と思います」

 香川は報道陣に対し、珍しく軽口をたたいていた。