2015.08.16

武藤嘉紀インパクト残せず。「競り合いくらいしかなかった」

  • 山口裕平●text by Yamaguchi Yuhei photo by imago/AFLO

 失点して勢いもなくなっていたので、自分が何とかしてやろうという気持ちはありました」と武藤。チームに推進力が感じられない中で積極的な姿勢が見えたプレイだった。

 だが、その後はあまりボールに絡むことさえできなかった。CBがボールを持った瞬間に相手DFラインの背後を狙ったシーンもあったが、タイミングが合わず。武藤がスピードを緩めた瞬間にボールが出てきたため、パスが流れてGKにキャッチされた。残り5分になるとCBの選手を前線に投入してパワープレイに出たためセカンドボールを狙ったが、武藤のもとにボールがこぼれることはなかった。

 CFというポジションも武藤のプレイを難しくさせた要因の一つだろう。プレシーズンからテストはしているものの、やはり不慣れな印象は否めない。武藤の持ち味は前を向いたプレイで、なかなかボールが入らない展開となると武藤の怖さは半減してしまう。武藤自身は「サイドでの緩急をつけたドリブル突破だったり、裏への抜け出しだったりは絶対に武器になってくると思う」と、持ち味を発揮できればドイツでも通用すると考えている。インゴルシュタットのような相手が組織的に守ってくるときこそ、その力強いドリブルは力を発揮したのではないだろうか。

 初めてのプレイになった本拠地コファス・アレナについて問われると、「強いて言うならもう少し長い時間プレイできたら良かった」と答えた。率直な本音だろう。