2015.07.15

日本人選手のCL出場が難しくなった理由

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki photo by Getty Images

 武藤は、宇佐美貴史とともに日本を代表する期待の選手だ。01~02シーズン当時の日本人選手に落とし込めば、中田英寿、小野になる。それぞれの所属先はセリエA優勝チーム、UEFA杯優勝チームだ。チェルシーとマインツとどちらに近いかと言えば、チェルシーになる。

 当時を引き合いに出せば、日本のトップクラスの選手が移籍する先として、マインツはいかにも貧弱だ。日本のレベルが右肩上がりだとすれば、チェルシーに正規で移籍しても何の不思議もない。

 昨季のマインツは、ブンデスリーガ11位。CL出場圏内には遠く及ばない。

 チェルシーとマインツ。その差に、日本人選手が伸び悩む姿が見て取れるように思う。武藤はルックス的にも上々の人気選手なので、そのマインツ入りは半ばお祭りのように報じられているが、過去と比較すれば、決して喜ばしいニュースには聞こえない。

 チェルシー級でなければ、日本選手の進歩率が世界の進歩率を上回っている証にはならないのだ。

 武藤は大卒プレイヤーだが、こういう選手は最近では珍しくない。しかもここ何年かの傾向といっていい。01〜02シーズン当時はごく少数だった。大学に進学することは、Jリーガーになることを断念することをほぼ意味していた。