2015.06.09

セリエ10大ニュース。世界に広まるトッティの自撮り

  • 利根川晶子●文 text by Tonegawa Akiko photo by Getty Images

【第9位】トッティの自撮り

 今シーズンのセリエAは首都ローマが熱かった。ローマは首位のユベントスを猛追し、ラツィオも後半になって急激に追い上げてきた。ローマのダービーマッチといえば、ミラノやトリノのダービーより何倍も熱くなることで有名だが、それが2位と3位という上位でぶつかり合ったのだから、もう大変な騒ぎである。

 そんな1月11日のローマダービーで珍事件が起こった。ローマの旗印トッティが自身の2点目のゴールを決めたあとに、スタッフからスマホを受け取ると、湧き上がるサポーターを背景に記念の自撮りをしたのである。このニュースはトッティが撮った写真と共に瞬(またた)くうちに世界中に広まった。

 ネット上ではこの写真を使ったコラージュが大流行。優勝を祝うユベントスをバックに自撮りするトッティや、1-7でローマが負けているスコアボードと共に自撮りするトッティなど、面白画像が多数アップされた。ラツィオのロティート会長はこの行動に激怒したようだが、その他のサッカー関係者からは概(おおむ)ね好意的に受け取られている。しかし一番喜んでいたのはアップル社かもしれない。なにしろタダでiPhone6の宣伝をしてもらったようなものだ。その経済効果は500万ユーロ(約7億円)とも言われている。