2015.05.29

ブンデス10大ニュース。不協和音に見舞われたシャルケ

  • 山口裕平●文 text by Yamaguchi Yuhei photo by Getty Images

【第7位】ストライカーの無得点記録

 これまでブンデスリーガ通算82得点を記録しているシュツットガルトのFWベダド・イブセビッチがゴールから遠ざかっている。ボスニア代表でもあるイブセビッチは、昨年1月にゴールを決めて以来、1年以上ゴールから遠ざかり、1200分以上ノーゴールが続いているのだ。今季は残留争いに苦しんだチームを救うどころか、終盤戦は出場機会を得ることさえほとんどできなかった。スタンドのファンが掲げた「頼むから一緒にプレイさせてくれ。俺はイブセビッチよりひどくないぜ」というフレーズもメディアに取り上げられ話題になった。

【第6位】今季最大の期待外れは?

 昨季のセリエA得点王として、推定約25億円の移籍金でドルトムントにやって来たインモービレだが、輝くことができなかった。リーグ戦24試合に出場するもわずか3ゴールに留まり、ドルトムント低迷の一因となった。前半戦こそ先発として出場機会を得ていたが、以降は試合終盤に投入される交代要員に甘んじた。

 ドルトムントのサッカーに対応することができなかっただけでなく、誰からも自宅に招かれていないことを明かすなど、ピッチ外でもチームにうまく溶け込むことができなかったようだ。
(続く)

関連記事