2015.05.24

特別な一戦に勝利のドルトムント。香川真司を輝かせたもの

  • 了戒美子●text by Ryokai Yoshiko photo by Getty Images

 まずは前半15分に先制点を挙げる。ここまで4ゴールだが、先制点を挙げたことがなかった香川にとって、今季初めてと言っていい、明らかにチームを救うゴールだった。

「最終戦にきて、ここまでで初めての手応えというか......。大げさかもしれないけど、プレイの流動性や躍動感、それらが特に前半の攻撃は良かったんじゃないかなと思います」

 少しためいきをつき、苦笑いをしながら試合を振り返った。

 香川は4-2-3-1の2列目中央でプレイ。先発復帰したロイス(左)、オーバメヤン(1トップ)、ミキタリアン(右)という組み合わせは、これまでスピード感の違いに苦しむことが多かったが、この日は彼らとうまく共存した。時に引いてパスの出し手となり、時にゴール前でパスを受ける。そんな流動的な形が多く見られた。

 2点目、3点目は香川のアシストから。2点目はペナルティエリア手前のワンツーでオーバメヤンを使った。

「ロイスがさわってコースがかわって上手く流れてきたんですけど、ああいうところでボールが入って来て、そこにロイス、オバ(オーバメヤン)がいるっていうのがすごく大事。(これまでは)なかなかボールが入って来なかったり、そこでコンビネーションが上手くいかなかったのが、マルコ(ロイス)が入ってすごくやりやすくなりました」