2015.04.22

ミランと本田圭佑の将来が明らかになる時が迫っている

  • ステーファノ・メレガリ(『Forza Milan!』編集長)●文 text by Stefano Melegari  利根川 晶子●翻訳 translation by Tonegawa Akiko

 それにどちらのチームにとってもここで相手を破り、勝利を挙げておくことは重要だった。どちらもが同じようにヨーロッパリーグ出場権を目標としているのだから。

 先週の月曜日、まだダービーへの熱は感じられなかった。しかし水曜日頃からミラノの街が変わってきた。イタリア人は事あるごとにバールに入って、立ち飲みでエスプレッソを一杯ひっかける。そんな時、50%の確率で隣の客たちの間からダービーの話題が漏れ聞こえてくるようになってきた。すでに人々の関心はこの試合へと向かっていた。

 日曜日、久々にサンシーロは満員御礼。これまで抗議のブーイングを浴びせたり、ストライキまでしてきたサポーターたちだが、この日は黄金時代のインテル対ミラン戦のような横断幕がゴール裏を彩り、熱い応援合戦を繰り広げていた。

 そしてキック・オフ。最初はインテルが試合の主導権を握っていたが、そのあとミランも奮起。少なくとも後半の20分まではよく攻めていたと思う。しかしその後また流れはインテルに変わり、最後には何度か危険なシーンもあったが、GKディエゴ・ロペスのセーブのおかげで試合は引き分けに終わった。

 試合後、ミラン内部では勝利できなかったことへの不満の声が聞かれた。目標であるヨーロッパリーグがまた一歩遠のいた感である。今後の頼みの綱は、順位の近いチームとの対決にある。ディエゴ・ロペスのコメントもまさにその点を指摘している。