2014.08.22

開幕直前。ブンデス日本人選手11人への期待度

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko
  • photo by Getty Images

 昨季2部から昇格したヘルタ・ベルリンは、一時は欧州カップ戦圏内で戦ったが最終的には11位に。ルフカイ監督から絶対的な信頼を得る細貝萌は今季もチームの中心選手としてプレイすることになりそうだ。今季は細貝と同じ浦和レッズから原口元気が加入。最初の公式戦となったドイツ杯ビクトリア・ケルン戦では、1ゴール1アシストとさっそく活躍してみせた。ヘルタの顔とも言えたFWラモスがドルトムントへ移籍し、前線の顔ぶれは少々かわった。1トップにはラモスに代わりシーバーが入り、2列目の右にはオランダ人のベーレンスが入り、原口は主に2列目の左でプレイすることになりそうだ。ルフカイ監督の目指す機動力のあるサッカーの中で、原口の躍動する姿が見られそうだ。

 昨季13位のフランクフルトには長谷部誠が加入した。プレシーズンマッチやドイツ杯では早くもベテランらしくチームを一つにまとめる存在になっていたのが印象的だった。昨季はニュルンベルクで失意の一年を過ごしたが、短期間でチームをまとめる術は、もしかしたらその経験が生きているのかもしれない。もはやドイツ語にも不自由せず、すっと溶け込む様は、日本人離れして見える。

 また、個性的な選手を生かすことで知られるシャーフ監督の就任で、乾貴士が生き生きとプレイする姿を取り戻した。2トップの一角や2列目の中央を任されることが多く、今までのところ、イライラと両手を広げボールを要求するようなシーンは見られない。パスにせよドリブルにせよ、前線で乾の良さが生かされている。早いうちに結果を出して波に乗りたいところだ。

 15位で1部残留を決めた酒井高徳のシュツットガルト。ドイツ杯ではボーフムに敗れ、苦しいスタートを切っている。クラブとしては資金もあり、選手層は決して薄くない。ただ、どうもこのところのシュツットガルトは監督に恵まれない印象が強いのだが、今季からはフェー監督(フランクフルトを1部に昇格、復活させた)が指揮を取る。

 これまでも酒井は左右どちらかのサイドバックとして定位置はつかんでいた。今季は右SBはザルツブルグから加入したクラインがプレイ。酒井は左に固定されることになりそうだ。定位置確保はもちろん、その一歩先の存在感ある活躍を目指したいところだ。