2014.06.19

スペイン敗退。前回王者が自滅したふたつの理由

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki
  • photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

 デルボスケは後半31分、サンティ・カソルラを投入。しかし、ベンチに下げた選手はペドロだった。結局最後まで、攻撃のルートは3つ確保されなかった。

 スペインに対するいやな予感は、ヘスス・ナバス落選を報じるニュースを耳にした瞬間から漂っていた。サイド攻撃が行なえなくなる可能性は一気に高まった。中盤過多のメンバー構成に、悪いボールの奪われ方をして、反転速攻を食う姿が想像できた。

 かつてデルボスケがこちらに力説したサッカーと、彼は別のサッカーをして敗れた。真ん中に偏るパスワークを過信した結果に他ならない。

 カシージャス起用も大きな敗因だが、ヘスス・ナバスの落選に象徴されるサイドアタック軽視も、僕には同じくらい大きな原因に見えるのだ。

関連記事