2014.05.11

リバプール?マンC? プレミア優勝争い、両監督の胸中は

  • 藤井重隆●文 text by Fujii Shigetaka

 マンC有利の状況ではあるが、マンCのマヌエル・ペジェグリーニ監督は最終節に向け、冷静な姿勢を貫いている。

「選手時代と監督である今の私は、まったく違う性格になったと思う。監督になれば、さまざまなことを変えなければならない。私が監督になって真っ先に変えなければならなかったのは性格だった。監督は選手ではないことを理解し、選手たちとは違う姿勢を持たなければならない。

 長年の経験から学んだ事は、感情的になって決断を下す時は決まって間違った方向に行くということだ。そのため、感情を抑制することは重要なこと。監督として1年間変わらずにやり続けてきたことを繰り返すために、冷静でいる事が非常に重要だと思っている。

 私は毎日、選手たちにしなければならないことを伝えているし、経験豊富で質の高い彼らは、試合に勝つために考え方を変えてはならないという点で、私と一致している」

 一方、リバプールのブレンダン・ロジャーズ監督は奇跡の逆転優勝の望みを捨てていない。

「優勝争いは終わっていない。我々は自分たちの試合に勝つ事に集中するだけだ。最終節が厳しい試合になることは分かっているが、ホームファンの声援と共に戦えるのは心強いし、ホーム戦19試合中16勝目を築ければ、偉大な記録となる。

 マンチェスター・シティにとって、有能な選手たちを有するウエストハムは強敵となるだろう。ウエストハムは敵地でトットナムに3-0で勝てたのだから、シティにも勝てる可能性はある。だが、シティは今季15試合で無失点を記録しているだけに、いい守備を見せているので、その守備を崩してシティを倒すのは容易ではないだろう。

 我々は自分たちのプレーに集中するし、試合に勝てれば私は満足だ。私は選手たちの今シーズンの活躍を称賛したいし、目覚ましいシーズンを過ごしたと思う。選手たちはリバプールを本来あるべき姿に戻した。今季のパフォーマンスの質は卓越していたし、 最終節が終わるまで我々は戦い抜くつもりだ」

 マンCが過去3年で2度目のリーグ優勝を手にするのか。はたまたリバプールが24年ぶりとなる奇跡の逆転優勝を果たすのか。両チームの対戦相手は、ともに前節で完封勝利を収め、連敗をストップさせて好調なだけに、波乱含みの最終節になるかもしれない。