2014.02.12

本田圭佑がバロテッリの「いたずら」の標的になった

  • ステーファノ・メレガリ(『Forza Milan!』編集長)●文 text by Stefano Melegari
  • 利根川 晶子●翻訳 translation by Tonegawa Akiko

 また、同じく1月に新加入したガーナ人選手のマイケル・エッシェンとはさっそくメールアドレスの交換をしている姿も見られた。ミランは依然厳しい状況にある。しかし選手同士がこのように仲がよく、良い雰囲気であれば今後必ず結果を出していけることだろう。
 
 本田のミラノ生活は相変わらず練習とイタリア語の勉強の連続だ。そうそう、ずっと続いていた家探しだったが、家族とミランの広報の協力で、ついに理想的な我が家を見つけたようだ。ただプライバシーのため、それがどこであるかは公表されていない。いずれにしろホテル暮らしよりは、やはり自分の家の方が絶対にいい。今後はより一層腰を落ち着けてサッカーに打ち込むことができるだろう。

 ところで昔からミランをよく知っている人間の間では、本田が過去にミランに所属していたある選手を彷彿させるというのがもっぱらの評判だ。その選手の名前はデビッド・ベッカム。ご存知イングランドのスーパープレイヤーだ。彼らのプレイが似ているというより、おしゃれに非常に気を遣ったり、いろいろなこだわりがあったりという、ピッチの外でのライフスタイルが、二人は非常に似通っているように思えるのだ。もちろんベッカムの方はメディアの注目やパパラッチの数が半端ではなかったので、とある人物が彼の私生活のすべてを管理していた。それに比べたら本田はより自由にミラノの生活を満喫することができるだろう。

 といっても本田ももちろん常にミラニスタの注目の的だ。私が編集長を務めるミランのオフィシャル・マガジン『Forza Milan!』にも、もっと本田のことが知りたいというリクエストが寄せられ、彼が表紙だった先月号に続き、今月号でも本田の特集を組んでいる。

 今回は"本田:カンピオーネ(チャンピオン)のABC"と題して、AからZまでのアルファベットを使って本田のことを紹介している。例えば「A」ならばアジアカップ、「B」ならブロンゼッティ(本田の移籍の仕掛け人の一人)、「C」ならコントラット(契約)といった形で、これを読めば本田のいろいろな側面がわかるようになっている。では最後の「Z」はいったい何か、皆さんは想像できるだろうか? そう、「Z」は日本代表監督ザッケローニのZだ。

オフィシャル誌編集長のミラン便り>


関連記事