2013.12.06

今季初の連敗。バルサは落日を迎えたのか

  • 山本孔一●文 text by Yamamoto Koichi
  • 川森睦朗●写真 photo by Mutsu Kawamori/MUTSU FOTOGRAFIA

 ここ数試合のパフォーマンスに関して言えば、主力選手の不在が大きく響いていることは間違いない。だが、転換期を迎えた今、ケガ人の復帰が一番の解決策ではない。過去の強いチームを基準に現在のチームを比較して一喜一憂するのではなく、マルティノ監督のチームに落ち着いてサッカーを取り組める状況、信頼を与えることができるかどうか。それが改革を突き付けられたチームが新たな栄光を手にするために必要なものではないか。

 シーズンが終わるのは5月。まだ折り返し地点さえ迎えていない12月の今、一度の連敗で不必要な警報を鳴らす必要は全くない。

関連記事