2013.11.06

香川真司が否定しなかったCLソシエダ戦での「手応え」

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko
  • 川森睦朗●写真 photo by Mutsu Kawamori/MUTSU FOTOGRAFIA

 後半ロスタイムにジョーンズと交代するまで、香川はゴール前でチャンスを作り続けたが、結局はスコアレスドローに終わった。

 手応えがあったのではないか。そう尋ねてみると、香川は「うーん」と考え込みながら答えた。

「そうですねえ。手応え(があるかどうか)はわからないけど、勝てた試合だったんじゃないかなと思っています。今後のグループリーグを見ても、こういう試合で勝ちたかったですね。」

 勝てなかったが、手応えを否定しなかったあたりは、確実に復調しているし、チーム内で力を発揮できる可能性を見出せたということではないだろうか。今後の香川には、プレミア特有の速いサッカーの中で、どれだけこの日のようなプレイを見せられるかという点が問われるようになるだろう。とはいえ、立ち位置を確保し、チャンスをつかみつつあるのは事実。序盤に比べれば大きな前進と言える。そんなことを確信できた一戦だった。

関連記事